みんな投票に来て下さい!! 1日1回・2点 粗品を差し上げます。
home
第1回

平成23年6月12日現在

オーツー・コンペティション
 エントリーNo6  フェラーリ 430 ノバテック・ロッソチューン(F社)
 作者談  以前手掛けていたキットをこのコンペ用にリニューアル、 フル・リペイントしました。
 店長感想  チューンド・フェラーリを手掛けるモデラーがここにもいらっしゃいました。エアロパーツやホイルは型から起こし、左右対称のパーツになるようされています。エアロはともかく、ホイルまで作ってしまわれる方にお会いしたのは初めてです。 あれこれ、現物を手に聞きまくりです。
また、目指すべき目標が出来ました。
当店、初見参(紹介)のお客さまの作品です。
 エントリーNo7  フェラーリ 360 チャレンジストラダーレ (T社)
 作者談  改造+フルスクラッチで上記チューンド・フェラーリに仕上げました。
 店長感想  淡白な作者談ですが、ブログに書いた通り、変更箇所は枚挙にいとまがありません。 フロントチンスポイラー・サイトスカート(エアーインテーク周り)・エンジンカバーのテール形状の改造、シートはバケットシートに換装、シートベルトの追加、車内内張りはフルスクラッチ、バックミラーも他車パーツからスクラッチ。
そりゃ、言いたくもなるし、言われても自然すぎて判りません。
No,6と合わせて、必見です。
top
エントリーNo4 トヨタ スープラ TRD (T社:GTカー+市販車キット) 
 作者談  2個1で作りました。
 店長感想 常日頃、「素組み」が出来ない身体になってしまった。
と、お嘆きのお客さまの作品です。
この方が「本当のエンスージアスト」だと思います。
流行に流されず、気に入ったマシンの詳細を徹底的に調べて、持てるスキルを駆使されていつも作られておられます。
「エンスージアスト」にしかその違いが分からない箇所にまで拘られていて、「O型」の店長からすれば頭が下がる思いです。
この「拘り」を見習わなければ!!
ホイルも換装されておられるので、2個1じゃないですね。
top
エントリーNo2  日産 GT-R (F社) 
 作者談  あまりいい出来ではありません。
 店長感想  エンジンが付いていないのは、カーモデルではない。
と、おしゃられる当店の重鎮の作品です。
ギミック処理の巧みさに、目が奪われがちですが、塗装も一級品
と店長は思っております。店長の目指すスキルの到達点がこの
1台に集約されています。
top
 エントリーNo8  ホンダ NSX (T社)
 作者談  二輪専門のモデラーが必死のパッチで作りました。
コンペの賑やかしにでもなれば・・・・
 店長感想  お持ち致しておりました。 「期日に提出できない自分は最低〜。」と、自虐ネタを仕掛けておいて、満を持しての登場です。
バイクモデラーを彷彿とさせる微細な加工が光っています。
バンパー一体のフロント・フォグランプはパーツから切り離し実車同様のフォルムに。BMCタガネで全てのスジ彫りを加工。これにより店長得意の「スミ入れ」をしなくても十分「影」が表現されています。さすがッス!!
しか〜し、塗装がちょって「甘い」かな?(すみません)
ご本人も、「四輪は塗装面積が広いので、二輪と同じ条件ではうまく塗装出来ませんね。」と、既に問題点を判っておられるようでした。
早くも、次回コンペでの巻き返しを誓われておられました。
楽しみ致しております。
top
top
エントリーNo5 ポルシェ ボクスター (T社) ジオン公国ザクカー 
 作者談  生まれて初めてカーモデルを作りました。
 店長感想 当店では少数派のガンプラ少年(中学生)の作品です。
エアブラシの使い方を聞きに来たのをきっかけに、このコンペに参加してくれました。
「グロス塗装」はまだ出来ないのでと、この「コンセプトカー」を作ってくれました。
レギュレーションに抵触しそうな作品ですが、ジャンル違いのプラモデルを作るのも、「プラモ上達への道」と言えるので、細かい事は言いません。参加ありがとう。
「塗料の濃度・ブラシの日常の手入れ方法」などレクチャーしたのも今は昔。 ちゃんと塗り分け出来てますね。
「接着剤」の使い方に課題があるようで、本人も次回作は「クリアパーツ」を上手に作りたいと、話してくれました。
がんばって!!
top
top
参加作品紹介

(受付順)

エントリーNo3  ランボルギーニ ガヤルド (F社) 
 作者談  何年か振りにデカールの無い車を作りました。
 店長感想 エントリーNo1の少年のお父さんの作品です。
最近はもっぱら、マルチメディアキットの作製に没頭されておられましたのでコンペに参加して頂けないかと思っておりましたが、ご参加ありがとうございます。 エッチングパーツも手慣れた感じで加工・塗装が施されてあり、最近エッチングパーツを使い初めた店長では、考えられない仕上がりになっています。
この「技」も盗まなくては!!
エッチング付きのキットだった為がライトレンズ追加以外「素組み」だそうです。
top
エントリーNo1  フェラーリ 360 モデナ (T社) 
 作者談  エンジンに力を入れて作りました。
 店長感想  中学生の作品です。
クリアパーツの仕上げを見ると、まだまだ練習が必要ですね。
でも、店長が中学生の頃はこんなに出来ませんでした。
スタジオのシートベルトまで付けてあります。