home
第二回
Line

平成23年12月4日現在

オーツー・コンペティション
Line
top
Line
top
Line
top
エントリーNo9  ランボルギーニ イオタ (H社) 
 作者談 もう 開閉ギミックはやりません。
疲れました。しばらく休ませて頂きます。
 店長感想 待ちに待っていたランボルギーニです。でも、作り初めて後悔されたそうです。開閉すると中身を見てもらえる=ちゃんと作らなければならない。
キットのエンジンがもう一つだったそうで、別キット(カウンタック)の物に換装。ギアBOXも作り、前後足回り系のフレームも自作。目の行くフロントダンパーは力作ですね。カウルの裏まで造形されてあります。必見
エントリーNo8  ホンダ RA272 (T社) 
 作者談 久し振りにプラモデルを作りました。
視力低下が著しく、細かい点はご容赦下さい。(^O^)
 店長感想 店長も同感です。発売すぐにクレオスのMrルーペを下ろしました。
建前はお客さんデモ用なんですが、ガチ使っています。
もう手放せません。
top
Line
top
エントリーNo7  フェラーリ F92A (Mo社) 
 作者談 制作当時は今ほどアップグレードパーツが無かったので自作するしかありませんでした。このマシンのシートベルトは釣り用品の鉛板を流用しています。
 店長感想 このマシンも初めて見せて頂きました。これが本家のMo社のF92A です。別展示させて頂いておりますF187/88Cよりマ○ボロの蛍光が綺麗ですね。何十年前に作られたとは思えない保存状態と、綺麗な塗装ですね。
エントリーNo5  ケーニッヒ コンペティション (F社) 
 作者談  ステアリング&コラムを除き全ての内装に手を入れました。加えてリアウイング+リアバンパー、フロントフェンダーにリア・ナサダクトも改造してあります。エンジン周りは過給器系+ラジエター、エンジンフードも作りました。
 店長感想 ボンネットが気にいらないと再塗装されたそうなんですが、さすがの修復技です。
エンジンフード(透明材料)の加工技術には言葉も出ません。
もう、扉がミラー塗装がと言っている場合じゃないですね。凄い!!
top
エントリーNo4  アストンマーチン DBR9 LM 2008 (Hi社) 
 作者談  レジンキットは実際に重量感を感じれるところが良いのですが、シールド系統がポリカボネート製なので失敗が許されないのと、透明性に難がありますね。
 店長感想 シールドも言われるまでわかりませんよ。
いつもながらの表面処理とエッチングパーツの接着の技に感服です。
私にも出来るだろうか? その前にドアを開けなければ!!
top
Line
Line
参加作品紹介
Line
エントリーNo6  エンツォ フェラーリ (T社) 
 作者談 メジャーなマシンなので資料が豊富にあり、改造し易かったです。
 店長感想 T社のキットなので、ドア等の開閉はデフォルトなのですが、開閉後固定出来るように加工されています。また、エンジン周りの配管・ケーブル類はキットのプラ材からワイヤーやチューブに換装されてます。また省略されているダンパー周りのパーツやブレーキ関係のパーツも追加されてます。車に詳しくなければ出来ない技ですね。
Line
top
top
top
エントリーNo1  フェラーリ ミトス (T社) 
 作者談  作品が重複しないよう旧キットを作る事にしましたが、再販されて
ショックでした。ドア内張りを改造しましたが、他は素組みです。
 店長感想 作者は年季の入ったモデラーさんで、キットに及ばずボディーカラー
もモデラーズ物をお使いです。
台座装飾はタミヤの情景シートだそうです。
勉強になるな。早速仕入れなきゃ
エンジンルームの装飾(プラグコード)済。フードを開けて展示してます。あと、コンパニオンのお姉ちゃんもお預かりしています。

(受付順)

エントリーNo10  メルセデス・ベンツ CLK-GTR (T社) 
 作者談  滑り込みセーフ?
このマシンを作るまで「痛車なんて」と思っていましたが改心します。
私には痛車を作るのが困難だと悟りました。
 店長感想 作者談の通り、困難を予想してデカールを3枚用意してこの作品の作成に挑まれました。タミヤ内製のデカールなので、トップコートのウレタンを避けれたので、段差が勿体ないです。 でも、ガイヤのシルバーは素晴らしい出来になっていますね。 次回も持ち込みお願いします。m(__)m
エントリーNo3  メルセデス・ベンツ CLK-GTR (T社) 
 作者談  エッチングパーツを使ってディテールアップしています。
素組をするとリアカウルが浮いてしまうので、浮かないようピン止め加工してあります。
 店長感想 店長のとカブってゴメンナサイ。m(__)m
店長も気になっていたリアカウルの処理をちゃんとやっているのには脱帽です。
エントリーNo2  ミナルディー M191 (S27社) 
 作者談  今日まで中々作る機会が恵まれなかった、埋もれたキットがやっと陽の目に当たる日が来て感謝しています。
キットのタイヤが気に入らなかったのでT社の物に変えています。
 店長感想 いや〜 この手がありましたか。
今まで自分ではこの手のキットを作ったことがなかったので思い付きませんでした。店で売ってはいるんですが・・・・
でも、誰でも出来る技じゃないですよね。
だってこのキットはもう売ってないでしょ?