home
Line

平成24年11月18日現在

エントリーNo9
KAWASAKI ZZR 1400 (T社) 
 作者談 要所要所にリベットを使用してあります。
老体には辛い作業となりました。
塗装もメリハリを付け、金属感の表現に注力しました。
 店長感想 店長は未だ真剣に単車を作った事がありません。
と言うのも、以前組んだ時に要領よく(手抜きして)作ろうと挑戦したのですが、とんでもなく面倒くさく、それ以降真剣に塗装までしてとは考えられなくなりました。
よくもこんなに・・・失礼。単車の事もよく知らんし、店長には無理です。
top
top
エントリーNo7
フェラーリ F189(後期)  (T社) 
 作者談 昔のキットは組み易かったです。
 店長感想 昔のF1マシンはモノコックとボディーが分離していたからね。
気にしていたリッチレッドもおかしくないですよ。
エントリーNo5
NISSAN GT-R SuperGT カルソニック (T社) 
 作者談  2011年仕様ならスクラッチせずに作れると思い頑張ってみました。。
開閉ギミックは出来ませんが、電飾を付けました。
 店長感想 エアロパーツ・排気周り・リアウイング等、左右対称のパーツではありますが、型紙を表裏使用で賄えるものではなく、一品毎の製作で左右対称にしないといけないのが自動車改造の難しさ。みごとの仕事です。
それに、今回はメットに加えて電飾ギミック。参りました。
Line
エントリーNo4
フェラーリ FXX (T社) 
 作者談  ルーフの塗装に失敗しました。
今度はエッチングに挑戦です。
 店長感想 またまた腕利きのU-18の新人くんの登場です。
もう既にウレタン塗装をものにしています。
これで、エッチングの技術を身につけられたら店長裸足で逃げてしましす。
エントリーNo3  フェラーリ 348tb (F社) 
 作者談  F社だけに苦労をしました。
国産キットにもかかわらず、帳尻合わせの連発でした。
 店長感想 とは、微塵も見せない完成度には感服です。
O型の店長はどこかで妥協してしまいそうです。
オーツー・コンペティション
Line
Line
top
参加作品紹介

(受付順)

top
Line
Line
エントリーNo8
レッドブル RB2 モナコGP  (?社) 
 作者談 AnonymousCompany製のキットです。
キット本体の精度は程々でしたが、カルトじゃない全面デカールには閉口しました。
 店長感想 こんなキットがあったんですね。
販売者も勉強したいといけないですね。
今年のマシンと比較したら、まるでウイングカーですね。
相変わらず高次元な作品です。
Line
top
エントリーNo6
マクラーレン ホンダ MP4/8  (T社) 
 作者談 フィニッシャーズの専用蛍光塗料で決めてみました。
 店長感想 スポンサーロゴもバッチリですね。(毎度ありがとうございます。)
しかし、皆さんよくお持ちですね。店長は当時でもMP4/8は作くれていません。なぜか買いそびれました。
MP4シリーズ中、このペンシルノーズの8が一番好きです。
再販になんかな?今更のフォードやから無理かな?
top
Line
top
top
top
Line
エントリーNo2  DELAGE D.8SS (He社) 
 作者談  これも、フルオープンになっています。
現物を見に来て下さい。
 店長感想 店長もドアの開閉に挑戦していますが、シャープな仕上がりにありません。トミカレベルの隙間が出来てしまします。
エントリーNo1  フェラーリ デイトナ スパイダー (F社) 
 作者談  過去に作った作品です。
当時、いい「黒」塗料が無かったので苦労しました。
 店長感想 現在はモデラーにメーカーが商品を売るために媚びへつらって
手を変え品を変え便利な商品を発売しますが、ある意味それは
モデラーの楽しみ・スキルアップの機会を奪ってるように思えなくもないが、皆さんはどう思われますか?